【ワーホリ】オーストラリア生活5ヶ月間での貯金額。

posted in: Australia, Blog | 1


I’m in Melbourne, Australia.

 


 

お久しぶりです。

 

前回のブログ投稿から約2ヶ月ぶりです。

現在も変わらずメルボルンに住んでいます。

 

 

st kilda2

 

 

気が付けば早くもワーホリでオーストラリアに来て5ヶ月、メルボルン滞在は2ヶ月半が経ちました。

 

最近はというと、週7日でバイトをしています。

カフェバイトを2つ掛け持ちし、1軒のカフェで平日5日間を、もう1軒のカフェで土日働いています。

 

2月は人生初の「28連勤」を達成しました。

※現在も連勤記録は更新中で、ただいま39連勤中です。

 

日本でも経験が無いほどの働きぶりです。

 

社会人時代は「何があっても、土日は絶対に出社しない」がモットーだったのに

ここオーストラリアで、眠たい目をこすりながら頑張る日々です。

 

夕方には仕事が終わることが多いため、仕事終わりにメルボルンの街を散策。

旅中での楽しみである市場巡りをしたり、メルボルンらしくカフェでコーヒーを飲んだり。

 

market2

IMG20170120135457 (1)

market

 

 

 

coffee

 

 

 

バイト先の同僚に「クレイジーな働き方」とイジられてまでバイトをする目的は、

もちろんオーストラリア後の旅費を稼ぐため。

 

※何ヶ月、何年間旅するのか、どこの国を周るのかは全く決まっていませんが。

 

 

オーストラリアに来る前は「1年間で100万円を貯金」を何となくの目標にしていました。

1ヶ月で10万円ずつ貯金する、というイメージです。

 

そうすれば日本での貯金を含め、世界中を1年くらい旅できるかな、と。

 

 

・・・・・・・

 

オーストラリア滞在5ヶ月現在、貯金額は早くも目標の100万円となりました。

 

ざっくりの貯金額の内訳は

●マンゴー農園:約7週間で60万円

●メルボルンでのバイト(約11週間):40万円

 

という感じです。

 

またまた、それぞれをざっくりとした内容で説明すると

 

●マンゴー農園生活(7週間)〜メルボルン初期

 

収入
給料 850,000円
支出
家賃 100,000円
食費 50,000円
その他 100,000円
合計 600,000円

 

 

・家賃

農園内にある宿泊施設で生活しており、1泊あたり2,000円ほど

・食費

毎日3食自炊していたので、1週間で1万円もかかっていません。

・その他

農園後のダーウィンでのホステルの宿泊費、食費、メルボルンまでの航空券(2万円)、メルボルンでの宿泊費、ケータイ代などの雑費などをかなりざっくり

 

 

●メルボルンでの生活(1ヶ月あたり)

 

収入
給料 280,000円
支出
家賃 50,000円
食費 25,000円
その他 5,000円
合計 200,000円

 

 

・給料

1週間で7〜8万円ほど

・家賃

マンションを外国人4人とルームシェア

・食費

自炊かバイト先のまかないを食べているので、かなり抑えられています。

※恐らく2.5万円も掛かっていません。

 

そして、週7日で働いているので、いいのか悪いのか全くお金を遣うタイミングがありません。

 

 

・・・・・・

 

というように、灼熱のマンゴー農園でかなり貯金が出来ました。

 

 

暑い中、朝から晩まで頑張った甲斐がありました。

アメリカンドリームならぬ、マンゴードリームです。

 

mango farm

 

 

メルボルンでのバイト生活は、さすがにマンゴー農園での収入には負けますが

時給1,500円以上で働けているので中々順調です。

 

ということで、3月末までの滞在予定だったメルボルンですが、今のところ順調なので、

5月末頃まで滞在を延長しようかと思っています。

 

 

 

park

オーストラリア最古の遊園地。中は「花やしき」のよう。

 

 

ちなみに、今年10月までの1年間のワーホリビザですが、前倒しして旅を始めてしようかと思っています。

 

連勤生活の日々で殆ど遊んでおらず、家で航空券検索や画像検索での「エア旅行」をしていたら

旅欲が日に日に高まってきました。

 

南米、アフリカ、パタゴニア、チベット、アラスカ・・・

行きたい国・地域が多すぎて今後が楽しみです。

 

 

先週、マンゴー農園で一緒に働いたドイツ人のリサとメルボルンで再会しました。

 

 

 

「ドイツに絶対来てね!地元を案内してあげる!」

そう言ってもらえる友達が増えることも、旅の嬉しいことの1つです。

 

また先日、6年前にネパールで宿が一緒だったアメリカ人に、「今年アメリカに行くかも。家泊まらせて!」と6年ぶりにメールを送ったところ、

「久しぶり!何日間でも泊まっていいよ!マットレスあるから寝心地いいぜ!」と、すぐに返信をもらいました。

 

今回の旅では、そんな世界中の友人たちに再会するのも楽しみです。

 

 

ひとまず今月末は、53連勤達成(予定)の自分へのご褒美に、4泊5日でゴールドコーストにサクッと旅行にいってきます。

※本当は1週間の予定だったのですが、バイト先の店長に「早く帰ってこい」と怒られました。

 

久しぶりにビーチでのんびり読書をしたり、サーフィンをしたり、ゆっくりしようかと。

 

それでは、また。

 


 

●灼熱のマンゴー農園生活についてはこちら

 

●メルボルンでの仕事探しについてはこちら

 

●バリスタとして仕事をゲットするまでの話についてはこちら

 

 

One Response

  1. […] 【ワーホリ】オーストラリア生活も早5ヶ月。 2017-03-11 […]